【2021年9月】石川県加賀市 獅子舞取材 4日目 大聖寺耳聞山町・大聖寺今出町

2021年9月22日 10:00~ 大聖寺耳聞山町 区長・上田正義さんと、山田秀和さんにお話を伺った。もともとシンユウ会というものがあり、それが青年団の前身だった。青年団の復活が、25年ほど前で、そこから獅子舞を5年行い1回途絶えて、それから10年前に青壮年団…

【2021年9月】石川県加賀市 獅子舞取材 3日目 大聖寺越前三ツ屋町

9月20日 19:00~ 大聖寺越前三ツ屋町 区長の山本誠さんにお話を伺った。越前三ツ屋町の獅子頭を出していただいたところ、その特徴は蛇の目の形をしていることから、 富山県由来のものだと推測できた。実際に現在の獅子頭は昭和28年に富山県の井波で作られたと…

【2021年9月】石川県加賀市 獅子舞取材 2日目 篠原町・福田町・野田町・大畠町・大聖寺下屋敷町

2021年9月19日 9:00~ 篠原町 青年団長の西村健司さんと青年団の松本拓己さんにお話を伺った。同行は橋立公民館の吉野裕之さん。篠原町は本日が獅子舞の祭りの日で、9:30スタートだった。町民会館に着くと、青年団が6人ほど集まり談笑をしていた。青年団長は2…

【2021年9~11月】石川県加賀市 獅子舞取材 1日目 田尻町

2021年9月18日 田尻町獅子舞取材 田尻町の青年団長さんにお声がけいただき、獅子舞のカメラマンをさせていただいた。田尻町は何度も取材させていただいている馴染み深い町で、今回は初めて仕事の形で、祭りのカメラマンを任せていただいた。祭りをすると言っ…

イオンモール土浦で展示された獅子頭の話

2021年9月10~15日の日程で、茨城県土浦市のイオンモール土浦にて、祭りの小道具の展示が行われた。この展示はおそらく獅子舞の未来を考える上でとても重要な取り組みになるように思うのでここに書き記しておく。 家電店前に獅子頭?圧巻の獅子たち イオンモ…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材 11日目 篠原新町・大聖寺荻生町

2021年8月29日 9:00~ 篠原新町 獅子舞取材 篠原新町の区長・上谷長英(ちょうえい)さんと、そのお知り合いの北出学芳(たかよし)さんにお話を伺った。同行は橋立公民館長の吉野裕之さん。獅子頭の髪型のバランスは横流しがしっくりくるとのことで、それに…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材10日目 動橋町(本番)・山中温泉山中座

2021年8月28日 9:00~ / 17:30~ 動橋町 獅子舞本番 動橋町の獅子舞が振橋神社で行われることを知り、朝9時と夕方17時半に伺った。同行は山口美幸さん。コロナ禍でどのようなプロセスで獅子舞を実現したのかをぜひ知りたかった。獅子舞をしたいけどなかなか実…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材9日目 大聖寺新町(追加)・大聖寺一本橋町

2021年8月27日 11:00~ 大聖寺新町 追加取材 昨日の大聖寺新町・河村さんの取材時に、昔の獅子舞の歴史に詳しい長谷川慶二さん(大聖寺上木町在住・74歳)をご紹介いただき、お話を伺った。上福田町→北片原町→大聖寺新町の獅子舞の伝来経路について詳しく知る…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材8日目 大聖寺新町・大聖寺鉄砲町・動橋町

2021年8月26日 9:00~ 大聖寺新町 獅子舞取材 地域住民・河村弘幸さんにお話を伺った。同行は山口美幸さん。獅子舞は今は途絶えており、今から60年前くらいにやっていた。この獅子舞の歴史を語る上で外せないのが、聖北祭の存在である。ここで、ある年表をご…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材7日目 松山町 上野町 千崎町(練習)

2021年8月25日 (水) 10:30~ 松山町 獅子舞取材 松山町は本日がお祭りの日。獅子舞はコロナ禍のため実施されなかったが、地域の様々な方が集うタイミングだったので、この機会に取材をさせていただいた。区長の方にご紹介いただき、地域の中でも獅子舞にと…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材6日目 宇谷町 田尻町(練習)

2021年8月24日 10:00~ 宇谷町 獅子舞取材 区長の滝口誠久(せいきゅう)さん(69歳)と、農家で昔地域の広報誌・さえぐさの編纂委員をされていた河口諒男(りょうお)さん(78歳)にお話を伺った。 まずは、公民館に保管されているクリアファイルに閉じられ…

【2021年8月】石川県加賀市 獅子舞取材1~5日目 橋立写真展・大聖寺岡町&番場町&中新道&二子塚町 獅子舞取材

2021年8月19日 大聖寺岡町 獅子舞取材 青年団長の西圭介さん(35歳)とその弟の西哲朗さん(32歳)にお話を伺い、獅子頭を撮影させていただいた。同行は山口美幸さん。現在、青年団は5人で、祭りの日に他の人に手伝ってもらう場合もある。社会人のなりたてか…

【岩手県北上市】鬼剣舞・鹿踊、民俗芸能を巡る旅

鬼剣舞と鹿踊、この2つの民俗芸能が行われることを知り、8月14~16日の日程で岩手県北上市と奥州市を訪れた。鬼剣舞も鹿踊も全国的にみて盛んなのは岩手県だ。この県には、本当に民俗芸能が豊富にあると改めて実感する。以下、訪れた場所ごとに学びを振り返る…

宮城県村田町の鬼伝説から考える民話の両義性

鬼伝説について調べるために、宮城県村田町を訪れた。 JR大河原駅から徒歩2時間。休日はバスがないとのことで、ひたすら歩いた。道中、歴史ある馬頭観音や道祖神などの石仏が多数現れ、ここは古代日本と接続できる場所であるという実感を持った。 ここで、な…

コロナ禍で考えたい、疫病を他村に送る風流の民俗史 〜柳田國男全集18より

古来、日本人は疫病に対してどのように対処してきたのか。そのような疑問を抱えながら獅子舞研究をしていて、掛け踊り由来の獅子舞についても学びたくなった。そこで、柳田國男『柳田國男全集18』(1990年、ちくま文庫)の中の「掛け踊」の内容をまとめてみ…

鳥取県の麒麟獅子舞の正体を探る

鳥取の獅子舞はなぜ麒麟の頭なのか?以前から疑問に思っていた。ちょうどコロナ禍でありながら、いくつか公演が予定されているという情報を得たので、良い機会と思い、2021年7月18日に現地を訪れてきた。鳥取県はどこか穏やかでゆったりした空気感があり、そ…

鬼とは何か?京都・大江山「日本の鬼の交流博物館」で考えた

鬼の記述についていつが始まりかといえば、出雲の国風土記に登場するひとつ目の鬼らしい。日本全国に多種多様な鬼伝承が残るが、もともと形など存在しない妖怪の類だったのかもしれない。あるいはそれはまつろわぬ民、豪族の脚色という場合もある。2021年7月…

山形県酒田市·遊佐町吹浦の獅子舞を見てきた

庄内平野と言えば、日本有数の米所。昔からどこか理由もなく惹かれる場所であったが、この地で鳥海山信仰と関わりのある獅子舞が開催されることを知った。また、酒田市は獅子頭が街中に点在することでも知られている場所だ。それらへの関心が高まり、2021年7…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材7日目 橋立の獅子舞の起源とは?.....田尻町(再取材・撮影)・新保町・小塩町(再取材)・冨塚町(再取材)・石川県河北郡内灘町大根布

7月7日 今回の石川県加賀市の獅子舞取材の最終日。いろんな予定がどばっと入ってきた1日だったが、獅子舞に関して、かなり理解が深まった1日だった。その時の様子を振り返る。 橋立の獅子舞の起源を探る取材 2021年8月下旬に橋立町で獅子頭と写真の展示イベ…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材6日目 河南町・大聖寺永町・大聖寺下福田町東組西組

7月6日 本日も石川県加賀市の獅子舞の取材を行った。今日の取材先は、河南町、永町、下福田町東組西組の3地域。どのようなお話を伺えたのかを振り返る。 ①河南町 河南町民会館の事務員の方に獅子頭を見せていただいた。赤い3つの獅子頭と金色の飾り獅子があ…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材5日目 橘町

7月5日 本日は石川県加賀市橘町の獅子舞の取材を行った。取材先は橘町区長の田中さとしさん。公民館がない町なので獅子頭には「宿」があり、その宿が田中さんのご自宅(獅子舞が3年前に途絶えてしまって、それ以来田中さんの家が宿)となっているため、そこ…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材4日目 保賀町・大聖寺上福田町・上河崎町・吉崎町

7月4日 本日は石川県加賀市南郷地区の3つの町の獅子舞を取材させていただいた。各町の区長さんや青年団の方などにお会いすることができた。その時に伺ったお話を以下にまとめておく。 ①保賀町 区長の徳山真裕さんと祭礼委員会の会長・中出さんにお話を伺った…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材3日目 黒瀬町 中代町 吸坂町

7月3日 本日は石川県加賀市南郷地区の3つの町の獅子舞を取材させていただいた。橋立町公民館長の吉野さんにお電話と送迎をしていただき、各町の区長さんなどにお会いすることができた。その時に伺ったお話を以下にまとめておく。 ①黒瀬町 区長の松本修さんに…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材2日目 宮町 片野町 高尾町 深田町

7月2日 本日は石川県加賀市橋立地区の4つの町の獅子舞を取材させていただいた。橋立町公民館長の吉野さんにご紹介いただき、各町の区長さんなどにお会いすることができた。その時に伺ったお話を以下に記す。 ①宮町 区長の大宮昭弘さんにお話を伺った。宮町の…

【2021年7月】石川県加賀市 獅子舞取材1日目 大聖寺本町

2021年7月1日 今年度も石川県加賀市の獅子舞取材が始まった。本日より1週間程度、加賀市に滞在して獅子舞を重点的に取材し、適宜ブログを更新していくこととする。初日は大聖寺本町の獅子舞を取材。区長の敷中さんに獅子頭の保管場所にご案内いただき撮影を…

福井県勝山市にあるブータンミュージアムに行ってきた

ブータンという国に興味を持っている。2015年に建築や祭り等の調査のため2週間ほど滞在したことはあるが、それ以来訪れることができていない。昨日はコロナ禍でもブータン気分を味わいたいということで、昨年リニューアルオープンした福井県勝山市のブータン…

未来の獅子舞とは?祝祭論から読みとく

2021年6月11日、NHKテレビ「ズームバック×オチアイ」で放送されたテーマが祝祭論だった。考えてみれば、2020年以降で祭りに参加したり見たりする機会は急激に減った。これからの祭りはどうなっていくのだろうか。日本で最も数の多い民俗芸能である獅子舞の今…

埼玉県秩父市・浦山における獅子舞の役割、人口が半減しても地域の結びつきは強い!?

昨日、秩父の浦山歴史民俗資料館を訪れた。google mapなどで獅子舞の展示をしている資料館を探していたところ、見つけたのがこの施設。獅子舞の展示についてなど、その時の様子を振り返る。 浦山歴史民俗資料館とは? 浦山地域は毛附、川俣、金倉、細久保、…

耳塚の正体とは?獅子舞との関連性を紐解く

奥羽地方などに広く伝わる、獅子舞の獅子が喧嘩をして耳を取られたという話は何を意味するのだろうか? 確かに、遠野物語のゴンゲサマなどに見られるように、獅子舞は耳を取るという発想が起こりがちであると思う。柳田國男『定本柳田國男12巻』(筑摩書房 1…

渤海使は石川県に獅子舞という芸能をもたらしたのだろうか?

渤海という国は面白い。渤海国は中国史において唐の属国と見なされ、渤海使も遣唐使の一部だと考えられてきた歴史がある。さらに大きな歴史的事件が起こることなく、開国から消滅までの200年の歴史の中で比較的平和的な国家が保たれてきた。これらの理由から…