稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

野口健さんから学ぶこと。

今日は、東京都福生市青年会議所主催の野口健講演会にお招き頂き、お話を聞いてきた。世捨て人っぽくて、波長が合いそうだからと声をかけていただいた。(僕ってそんな印象ですか。笑)

 

野口健さんといえば、僕にとっては、冒険家の大先輩というのも恐れ多い方で、※古民家冒険の出発式のときに、祝辞をもらおうとしてメールしたら、本人ではなく事務所の方から応援メッセージをもらったというとても思い出深い方でもある。

 

※古民家冒険

今年6月に、東京から石川まで450kmを2週間かけて歩き回り、30件以上の古民家を視察して回った旅。NHKテレビ「おはよう日本」を始め、様々なメディアに取り上げていただいた。

 

さて、今回の講演会。

野口健さんの印象はずはり、こうであった。

「直感的で責任感がものすごく強い熱いハートの持ち主。」

 

どういうことかと言うと、

冒険家って、登りたい!!!っていう激しい衝動で山登るんだと思っていた。

まさにその通りだと思うのだが、野口健さんのその衝動は半端なく、しかも多方面にわたる。

冒険、清掃登山、遺骨収集、温暖化防止、テレビ出演、執筆と幅広く活動されている。

なぜこんなに行動的になるか、分析していた点は興味深い。

気がどんよりしている→知ってしまった責任がある→清掃登山を始めよう。

死にそうになった→死を身近に感じた→戦後の遺骨を収集せねば。

 

環境という場そのものに対して、動物的嗅覚がものすごく強く、それを十分すぎるくらいに受け止めて、責任感の強さから世の中を変えたくなる、そんな熱いハートの持ち主に見える。この人が古民家の管理人やったら、ものすごく清潔感のあるいい室内環境が保たれるんだろうな、などと考えてしまう、割と掃除とか適当な自分。

 

あと、割と感情が一定でアンドロイドと言われがちな自分からしてみれば、こういう暑いハートの持ち主って、山登るとき辛いって感情に支配されてしんどそうとか考えてしまう。けど、感情がとても豊かな一方で、早口でバーとしゃべって、ギャグを飛ばす(自虐ネタとモノマネ上手い)感じでかなりあっけらかんとした部分もあることを知り、これはプロだなと感じた。まあ、人には少なからずアンドロイドな側面と感情的な側面が共存しているようにも思える。

 

なんかとりとめもない文脈になってしまったが、とりあえず野口健さんの考え方の根本が似ていて、人間のタイプが似ていたので、面白く話を聞けた。ロジックゴリゴリの人から見たら、もしかしたらつまらないと感じるかもしれないけど、僕はあの話し方のスタイルや内容以外はありえないと感じた。全員にウケる話などありえないし、好き嫌いがハッキリした生き方の方が成功しやすい。僕としても、常に人が行きたがる道を避ける逆張りを意識しているので、むしろ早く炎上してくれないかと楽しみな所がある。

 

・就活はやらない。

・学生起業にありがちのITベンチャーでプラットフォームつくることはしない。拠点作って実績作って、横展開の積み上げ型で事業展開。

・資格はいらない、専門性のある仲間を作ればいい。

・どっかに弟子入りあるいは就職してから起業という考え方はせずに、まずは起業して自分の方向性をつくる。

・本は基本買わず、本屋でちらっと立ち読みか、図書館で注文。

・ビジコンは出ない。

ビジネススクールには入らず、師匠と呼べる方々に個別相談。

・ボランティアではなく事業をつくる。

などなど、今の行動のスタンスにさらに磨きをかけていきたいと感じた今日1日だった。何だかんだこうやって書くと世捨て人みたいに見られて困る。(笑)

リアルな世捨て人とはニートなので、世捨て人ではない。今日も有意義な一日であった。

 

 

 

 

 

f:id:ina-tabi:20171012212702j:image

食欲の秋ということで、色々な料理を開発してみた。

食欲の秋だ。

日野市の古民家の庭には柿がなりはじめた。

タダで食料が手に入るには越したことがないと、熟して美味しそうな実をとりあえずもぎまくる。

f:id:ina-tabi:20171008215556j:image

ドロドロすぎて、食べられない柿ももったいないからと、どうにか食べようと知恵を絞る。結果的に、あんこと一緒に食べたらうまいと思って、クレープにして食べた。

f:id:ina-tabi:20171008215607j:image

そしたら、見かけによらず、美味すぎた。(インスタ映えとかあえて全く考えてない。笑)

ほっぺたがおちるとはこのことを言うわけだが、僕にはほっぺたに肉がほぼない。まあそこはどうでもいい。

 

料理といえば、最近、ほうれん草おやきを生み出した。おやきといえば、かぼちゃとあんこだと勝手に思ってて、野沢菜も美味しいのだが、材料がない場合が多いので、とりあえず葉物を入れてみた。おやきという食べ物は、いろんな具材で試せるからそれが面白い。

f:id:ina-tabi:20171008215537j:image

 

古民家でシェアハウスを始めてから、月に一度はパーティーをした方がいいのではないかという話になった。同居していてもお互い無関心というシェアハウスは少なくないので、それでは、環境が生かせてない。

というわけで、お好み焼きパーティーを10月から始めた。

みんなこういうお好み焼きが好きらしい。

f:id:ina-tabi:20171008215633j:image

ソースとマヨネーズがかかりすぎてて、やばい。

辛いものはいける人だが、これだと、なんか味がくどく思える。そして、僕はたくさん食べる人なので、塩分量を相対的に人より多く摂っている。だから、普段から単位体積あたりの塩分量を少なくする努力をしたいと考えている。

ソースとマヨネーズはほとんどかけなくてもお好み焼きは、食える。

 

さて、一昨日は、元中央大学理事の方と久々に教員食堂で食事してきた。まともなインスタ映えする写真でも1枚くらい載せとくかと思って、載っけておく。カレーライス。シンプルじゃなくてごちゃっとしているけども、一口にカレーライスといっても色々なカレーライスがあるもんだ。料理って、簡単にできる発明品とつくづく実感。自分なりの上手い一品を探りたい。

f:id:ina-tabi:20171008215648j:image

安く油を手に入れたい。

ぼくにとって給湯器はナゾだった。

アホながら、ほっとけば、暖かいお湯でてくるもんだと思ってた。

しかし、今更ながら、うちはガスじゃなくて油を燃料とすることに気づく。

どっから油持って来るんだ?という疑問が頭の片隅にあった。

 

そして、ついに先日突然あったかいお湯が出なくなった!

蛇口をいくらひねってシャワー出しても、、、

f:id:ina-tabi:20170924145316j:image

1 10の表示が。。

しかも、空き家の給湯器はよく壊れるし、古い。

もしや、故障か?と思った。

しかし、ひとまずタンクを見ると、油が少ししかないようなので、油を入れて様子見てみようということになった。

 

ググったら、油を調達する方法は主に2つあると知った。

①ガソリンスタンドでボンベに入れてもらう

②給油配達に来てもらう

 

まず、①から。

近くのガソリンスタンドをチャリで回って回ってヒアリングしてみた。

 

1軒目、コスモ石油

1リットル89円、100リットル8900円

 

2軒目、エネオス

1リットル70円、100リットル7000円

お?コスモ石油と全然違うぞ。

セルフは安いらしい。

 

3軒目、エネオス

1リットル78円、100リットル7800円

お?お?同じエネオスでも違うぞ。

どうやら販売会社が違うようだ。

f:id:ina-tabi:20170922182427j:image

 

①の場合、ホームセンターで油を入れる入れ物も買わなくてはいけない。

18リットルで、500円くらいか。

f:id:ina-tabi:20170924143714j:image

 

 

次に、②の場合。

うちは東京都日野市だが、ここしか灯油配達の会社が見つからなかったので、リンク貼っておく。

https://touyu-takuhai.net/area/

 

東京シェルパック。

ここが、輸送費込みで、

1リットル約78円とのこと。

これは安い!

入れ物買って、セルフのガソリンスタンドに行って、何度も調達してくるよりもよっぽど安いし、手間もかからない。

しかも、うちのボンベは230リットルとかなり大量の油を入れらことができるらしい。

もう、これに決めた!

 

でっかい車が来た。

f:id:ina-tabi:20170924144901j:image

優しいおっちゃんに作業してもらった。

f:id:ina-tabi:20170924144927j:image

ホースをボンベにつなぐ。

f:id:ina-tabi:20170924144945j:image

 

そして、つ、ついに、、、

お湯がでました!!!

感激したので、とりあえず200リットル満タンにしてもらった。

17000円くらいで済んだ。

これで、寒い冬も越せそうだ。

 

 

アカデミー賞「つみきのいえ」から学んだ住み継ぐということ。

第81回アカデミー賞・短編アニメーション部門受賞の「つみきのいえ」という作品。

(https://m.youtube.com/watch?v=3rZAlOmvIqI)

 

どんどん海に沈みゆく家を高く高くレンガを積み直して住みついでいくそのストーリーは古民家を住みつぐという発想を連想させる。住みついでいくなかで、妻と出会い、結婚して、子供ができて、巣立っていくその繰り返しから人生が表現される。とても感動的なお話だ。古民家でもこういうドラマを作ってみたい。民家が古いということはそれだけ「人間ドラマと愛」があることだと考えているからだ。

f:id:ina-tabi:20170914083937j:image

 

日野の古民家には、150年の歴史がある。僕らの前に、3世帯が住み着いだと言われるが、その写真も映像も見たことがない。これは、すごくもったいないことだ。例えば、この古民家は100年後にどうなっているのかわからないがせめて、100年後に100年前の映像や写真が残っていてくれたら、と感じる。家やそこに集う人々を大事にしようというメッセージを伝えることができる。古民家だからこそできることってこういうことだと常々感じる。

 

そこで、古民家の活用1周年記念、2周年記念、、と毎年必ず一本動画とかアルバムを作成したいとふと思いつく。

ぜひ、ご興味ある方(映像制作・カメラマン)、お力をお貸しいただけないだろうか。

 

 

空き家で簡単な農園をはじめてみた!?

最近、市民農園とかよく聞くけど、これは空き家対策にも応用できる!と思い、うちの古民家でも試験的に始めてみた。

f:id:ina-tabi:20170913180814j:image

f:id:ina-tabi:20170913173144j:image

 

空き家は、人が出入りしないから空き家になるってことだし、それなら、極限まで人が出入りする場所作ればいい!と思った。(渋谷のスクランブル交差点にはとにかく人が多い。当然スクランブル交差点周辺には空き家がない。)

 

今やっていることは、シェアハウス、スペース貸出がメイン。ただ、空き家にお庭がくっついてくることは事実。この管理が大変で、すぐに草ボウボウになる。それなら、ここを畑にして、使いたい人が使いたい環境を整えて、貸し出したほうが自然と管理されるし、使いたい人は野菜づくりができて、一石二鳥だ。さらに、このように空き家だった土地に出入りする人が増えれば増えるほど、空き家に戻るリスクが減っていく。目指すは「空き家のスクランブル交差点化」。

 

それにしても、農業のシェアはまだまだ手軽じゃないってよく感じる。

 

まず、農家民泊は規制の厳しさがある。衛生面、建物面、防火面とハードルがある。開業相談が気軽にできる場所も少ない。

f:id:ina-tabi:20170913174245j:image

市民農園開設にも、農林水産省ホームページにあるように法規制があるし、

シェア畑のようなサービス(https://www.sharebatake.com/about)でも、農業資材や、アドバイザーの設置が必要。

 

フリマアプリのメルカリ(https://www.mercari.com/jp/)みたいに手軽に売買が成立できるマーケットを空き家のお庭でできないものかと考える今日この頃。「この畑貸し出したい!水やりはするよ。」みたいな小さく付加価値をつけて貸し出すより手軽なマーケット。

 

というわけで、うちの古民家では、市民農園よりも安い価格で、アドバイザーや資材はないけど、農具の貸出や水やりサービスはありますという農園を募集開始してみた。条件はこんな感じ。

f:id:ina-tabi:20170913175848j:image

 

ぜひ、興味ある方はご見学くださいね♪

 

西平山築150年の古民家

〒191-0055

東京都日野市西平山4丁目18-12
(https://goo.gl/maps/UFH9yt2NTyC2)

info.kiteminka@gmail.com(管理人:稲村)

 

 

 

 

 

 

 

東京芸大の学食は果たして芸術的なのか?

新宿で午前の用事が終わって、次の予定まで時間があったので、東京芸大の文化祭「藝祭」に行って来た。

 

東京芸大に行ってみて確かめたかったことがある。

それは、、、

 

東京芸大の学食は果たして芸術的なのか?」

 

ということである。

 

最近は、自炊ばっかしてあんまり変わったもん食べてなかったなと思い、芸大の学食なら、なんか変わった面白そうな食べ物が食べられそうという単純な理由から来てみた。

 

藝祭きたー!

f:id:ina-tabi:20170909123517j:image

作品すご!

f:id:ina-tabi:20170909123720j:image

 

ディスイズマイフェイバリットキャット。

f:id:ina-tabi:20170909123800j:image

このかおw

f:id:ina-tabi:20170909140201j:image

 

出店が独創的。

モンゴルのゲルとか住んでみたい。

f:id:ina-tabi:20170909144349j:image

中では、元気なディージェーがいる。

f:id:ina-tabi:20170909144405j:image

 

本のない書庫、なんだそりゃ。

f:id:ina-tabi:20170909162203j:image

1回から3階までホントに一冊も本がなかった。

f:id:ina-tabi:20170909162353j:image

 

食堂発見。

f:id:ina-tabi:20170909144532j:image

食券売り場が人付きで、ローカル感すごい。カレーしかもうないらしい。

暑い日にカレーは、、と思いやめる。

ざんねん。

f:id:ina-tabi:20170909144559j:image

 

2つ目の食堂は、ここはどこだ?と思うほど異質なまでに近代的。

f:id:ina-tabi:20170909144620j:image

食堂に売ってるタバコ。

食べ物より目立ってて笑える。

スモーカーが多い模様。

f:id:ina-tabi:20170909144637j:image

ついにあった!!!

芸術的食べ物。

豆乳+きのこ+うどんそば。

これは食べたことない。

f:id:ina-tabi:20170909144650j:image

これ注文しようとしたら、

「いま売り切れで、親子丼しか売ってないんですよ。」

ざんねんすぎる。

まあ、また来た時の楽しみができた。

 

結論的には、東京芸大の食堂は、ローカル感とか、売っているもの(タバコとか)になんとなく芸術性を感じた。

 

個性が強くて、雑味があって、エネルギーを感じるのが東京芸大という印象。

 

ということで、豆乳きのこうどんが食べられなかったので、結局デニーズに入ることにした。

f:id:ina-tabi:20170909145911j:image

 

今までやったイベントを整理してみた@日野市の古民家

日野の築150年の古民家では、今まで本当にたくさんのイベントが開催されてきた。

活動的で熱意ある方々のおかげで、イベントが開催でき、場としての活気も出てきた。本当にありがたい。

これまでどんなイベントが行われてきたのか、管理人を始めてもうすぐで半年なので、このタイミングで整理してみることにした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

4/1(土) 障子の張替え作業

4/7(金) 学生が地方について考える会(学生団体とりはじ)

4/8(土) 一品一灯の会・お花見

4/16(日) ミュージックビデオ撮影

(Organic Call「さよならユートピア」)

4/23(日) シャボン玉づくり(子ども班)

5/2(火) 夜は短し気づけよ私〜知らない私の見つけ方〜(学生団体とりはじ)

5/7(日) 一品一灯の会・演奏会

5/12(金) 夜は短し踏み出せ私〜お散歩de語ろう〜(学生団体とりはじ)

5/14(日) カーネーションづくり(子ども班)

5/28(日) 夜は短し創れよ私〜夢を叶えnight〜(学生団体とりはじ)

6/3(土) コスプレ撮影会

6/4(日) 一品一灯の会・徒歩の旅出発式

6/11(日) こまーとづくり(子ども班)

6/23(金) 徒歩の旅おつかれ会  

7/1(土) 東京造形大学映像制作

7/15(土)一品一灯の会・古民家愛称決め

7/16(日)子ども食堂(学生団体c-plant)

8/5(土)一品一灯の会・納涼祭

8/7(月)学生と社会人が夢を語る会(学生団体とりはじ)

8/20(日)子ども食堂(学生団体c-plant)  

8/27(日)シェアハウス食事会  

9/2(土)パズルづくり(子ども班)  

※毎週木曜日は寺子屋

 

 

こんな感じだ。

 

定期的なイベントは、以下の5つ。

①一品一灯の会

毎月開催される食事会。主催は、古民家運営陣。一品一灯の由来は、古民家に電気が通ってなかったときに、1人1品と灯を持ち寄り、食事会が開かれたのが始まり。僕が管理人を始める前から行われていたイベントで、第1回は2016年12月。季節に応じて、餅つき、バレンタインのチョコづくり、お花見など、四季折々の内容であることが特徴。(写真のように、6/4は古民家冒険家・稲村の徒歩の旅の出発式が行われた。)

f:id:ina-tabi:20170906230015j:image

 

②子どもの遊び場

毎月約1回のペースで開催。近所の愛子さんと奥澤さんが主催。子ども向けのイベントを毎回違う内容で行なっている。

何かを作るというのが特徴で、シャボン玉づくり、カーネーション作りなどが行われた。先日のパズル作りは、過去最大の約30人が参加。

f:id:ina-tabi:20170907004154j:image

 

寺子屋

毎週木曜日17:00〜19:00に開催される。塾講師のまっほーが主催。1時間は宿題のチェックで、もう1時間は遊び。人狼や、釣りなど、頭を使う多様な遊びを行っている。8月はお休みをしていたが、27日に特別バージョンを開催。この日は古民家ではなく、国立科学博物館に行き、深海魚展を見たようだ。

f:id:ina-tabi:20170906230958j:image

 

④学生団体とりはじのイベント

学生が自己実現に向けて一歩踏み出せるようなワークショップを開催。自己分析をしたり、夢の整理をしたり、とってもためになり、成長できるイベント。

f:id:ina-tabi:20170907004501j:image

 

⑤学生団体c-plantの子ども食堂

毎月第3日曜日に開催される。学生団体c-plant主催。貧困の有無にかかわらず、子供達が食を通して地域や学生とつながるとても気軽に参加できるイベント。イベント参加人数は約50人にものぼり、多くの方に共感を得ているイベントだ。

f:id:ina-tabi:20170907005005j:image

 

これからもイベントを開催したいというみなさん、ぜひご連絡くださーーい。