稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

【8/14〜16 壮絶なヒッチハイク旅】

古民家で、毎週木曜日に寺子屋をしてくれている、まっほーと3日にわたる壮絶なヒッチハイクをした。息付く暇もない程にたくさんの方にものすごくお世話になったので、感謝の想いで投稿する。

 

ヒッチハイクは、自分にとって今必要不可欠なものだ。普段暮らしていたら、なかなか出会うことのない人種との出会いは、どんな相手に対しても逃げずにその場を上手くまとめる力を磨く。

 

これはなかなか難しい。自分は、嫌いなものを生活に組み込まないことによって、ポジティブを保ってきた節がある。カービィのように、マイナスのものは吸い込む感覚を覚えるからだ。例えば、テレビのニュースを観ていて、事件事故の報道があると、すぐにチャンネルを変えたり、耳栓をしたくなり、なぜか息苦しくなる。マイナスを見ずして、プラスを見て、プラスとプラスを比較して物事を判断するところがある。プラスになるには越したことがないと、異様に家の間取りを気にしたり、節約をしたりする。まるで、マーフィの法則を信じきっているウブな若者のようだ。

 

しかし、この考え方を貫き通すと、2つ問題が発生する。1つめが、リスクヘッジに頭が回らないということ。何だかんだで、体力にも自信があるし、マンパワーで押し切っちゃうけど、雨の日にずぶ濡れで帰ってくるとか、終電逃してベンチで仮眠するとか完全に非効率。2つ目が、マイナスの出来事が発生すると、取り返しがつかなくなる。まさに、デフレスパイラル。1つの忘れ物をすると、すぐに2つ目の忘れ物をする。3つ目の忘れ物をする。思考がまさにデフレ状態でコントロールが出来なくなる。これらの感覚は、良くも悪くも自分の生活に浸透していて、マイナスをコントロールする力を必要としていると常々感じる。

 

この特徴を持っているアーティストのナオトインティライミが過去に引きこもりになったけど、いまは元気にアーティスト活動をしていて、かなり売れている。自分もナオトインティライミのように、このスパイラルから抜け出そうと決めた。

 

ヒッチハイクは特効薬。誰と出会っても逃げずに、一枚上手な対応ができる奴でいたい。だから、例えヤンキーでも、非行少年でも、超真面目な人でも、大企業の社長でも、赤ちゃんでも、胸張って対応したい。萎縮したらダメ、笑いに持ってく。誰でもどんとこいみたいな感じ(笑)。それが、今後の自分のフリーランス生活に必要なことだと日々感じている。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヒッチハイクストーリー

【1日目東京→大阪】
1台目 八王子→甲府
ライミングのお店の社長夫婦
1週間に一回山登りに行くそうで、本当にお元気な方。北八ヶ岳に向かっていたよう。千葉にお店がたくさんあるそうで、今度伺ってみたい。

2台目 甲府→諏訪
プロサッカー選手を目指してた方
同じ匂いがしたので、最初は、陸上選手かなと思った。そしたら、久我山でプロサッカー選手目指していたらしく、びっくり。建築関連で、話が弾んだ。ぜひ、古民家にもきてくださいね。

3台目 諏訪→駒ケ岳
お子さん連れのご夫婦。
なんと、携帯を忘れた。僕は、小学校の頃、ランドセルが空っぽで帰宅するほど忘れ物をしまくる人だ。笑
名前も、連絡先も交換していなくて焦る。携帯のメッセージをみて、友人を検索してくださり、友人経由で住所を確認して、携帯を自宅まで郵送してくださる。本当に感謝しかない。みなさん返信遅くてご迷惑おかけしました。

4台目 駒ケ岳→刈谷
高校生と大学生とお母様
高校生の弟さんが、なかなか出会うことはないから、と乗せてくれた。暖かいご家庭。出会ったヒッチハイク仲間も一緒に乗った。弟さん、読書感想文は、3年分書き溜めておくなど、本当に賢すぎた。

5台目 刈谷→吹田
お子さん連れのご夫婦
お互いに意見をお持ちの良い雰囲気のパパとママ。男の子らしくシンカリオンの動画をたくさんみてた。夢を追う成長したお子さんに会ってみたくなった。

吹田からは、大阪観光をした。
新今宮の日本で最も貧困な地域の1つをブラブラ歩く。道中に、異様な匂いが漂い、警察署は日本で唯一柵がつけられている。路上には、自転車が散乱し、自販機は50円の飲み物ばかり。賞味期限切れです。この街を歩くと、通りすがりの人ににらまれ、「今月は、6万円すらないと。」などという会話がちょくちょく耳に入ってくる。別世界に来たようで、かなり衝撃的な体験だった。

【2日目大阪→鳥取→大阪】
6台目 西宮→城崎温泉
一個上の女性2人
大学院でips細胞などの研究をされている方と、小学校の先生のおふたりが声をかけてくださった。進路を変えて、鳥取砂丘の方面まで送ってくれて、本当に感謝。歳が近く、話も弾んだ。

7台目 香住→鳥取砂丘
コワモテの優しい医者
学問の話や、お医者さんの話をした。景色のきれいなオーシャンビュを見せてくれた。サービス精神旺盛な方だった。

8台目 鳥取砂丘鳥取
ミュージカル好きの男性
19:00頃のヒッチハイクで、もう暗くてボードが見えないからと、直接駐車場の車に声かけてまわった。中国地方を制覇するために車で旅をされているそう。音楽へのこだわりなどを伺えた。

9台目 鳥取インター→吹田
自動車整備士のイケメン
22:00はすぎた頃、泊まるところも無く、田んぼばかりの薄暗い中で、インターの近くでヒッチハイク。本当にこんな真夜中に車が泊まるのか、疑問だった。しかし、なんと20分もしないうちに、ブンブンエンジン音のでかい車が折り返して止まってくれた。僕らを面白そうな人だと思ってくれたらしい。25歳なのに結婚してて、車2台も持ってて、一軒家建てて、イケメンとかすごすぎた。

【3日目 大阪→東京】
吹田に戻ってきた。夜の2:00頃。もはや寝るところないかと、諦めて、夜2:00からのヒッチハイク。立っていたら辛いので、座る。もはや起きていることが辛くなり、ヒッチハイクのボードをもちながら寝るという謎の現象(笑)。5時間の後、ついに車が捕まらず、移動。万博記念公園方面まで2時間歩き、ヒッチハイクしようとするが、体力がない。もう、青春18キップで帰ることにした(大阪→東京 電車)。お盆の最終日で、混雑のリスクヘッジができて良かった。

 

f:id:ina-tabi:20170818111002j:image

 

家の歴史は進化論で説明できる

家は家を淘汰する。

江戸時代は、日本全体の家を100とすると、ほぼ100が伝統工法であった。

明治に入ると、欧米の工法が、伝統工法のパイを10.20.30と奪っていった。

 

伝統とは保守のイメージがありながら、イノベーションの連続によって作られる。だから、革新的なものだ。

そんな革新的なものでさえも、欧米の工法に少しずつ淘汰された。

欧米の工法の方が優れた「種」であると認識されたからだ。

 

そんな中で、伝統工法の希少性は、高まった。そして、絶滅危惧種に指定された。だから、重要文化財や、伝統的建造物群保存地区重要伝統的建造物群保存地区のような概念が生まれた。古民家という概念ができ、昔ながらの住空間にスポットライトが当たるようになったのも、希少性が増したからだ。

 

A市では、空き家になる物件も、B市では、空き家にならないかもしれない。環境によって適応できる種とできない種があるように、家だって生息できる環境というものがあるのかもしれない。

 

進化の過程で、淘汰されゆくものに情けをかける。それが古民家活用や、空き家活用とするなら、それは何だか面白くない。自然選択に逆らっているかのようだからだ。古き良きものを取り戻したいという文脈で僕は古民家活用や、空き家活用を捉えていない。あくまでもイノベーションを繰り返してきたものとして、伝統を捉えたい。古民家は、自然の摂理や環境、気候などを踏まえた各地方で独自な造りをしている。それゆえ、生存競争に打ち勝ってきた過去がある。この素晴らしさを次のイノベーションをつくるための素材として捉えたい。

 

人口減少という目の前に迫った大きな課題。日本含め、世界の22コの国で、この問題に直面している。(https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国の人口増加率順リスト)

日本の歴史で考えてみれば、縄文時代鎌倉時代、江戸時代に続く4度目の人口減少。歴史的な出来事なのだ。

(https://www.recruit-ms.co.jp/research/2030/opinion/detail31.html)

その中で、様々な家という「種」が淘汰されていく。そして、空き家が増える。

家について考えることは、人口と密接に繋がっていて、選択と淘汰のなかで生かされている。

空き家問題は、人間の歴史的な課題へのアプローチでもあると感じる。

 

種は最初は同じ。そこから枝分かれして行く。これこそまさに、ダーウィンの「進化論」。

f:id:ina-tabi:20170806194710j:image

 

 

空き家活用モデルがたくさん出てきた件について

最近は、空き家活用を行う上で、1人ではやりにくいので、各個人が得意を生かし合うことの出来る仕組みの中で、空き家再生が行われている。そこで、有名なモデルについていくつか紹介する。

 

〇ハローリノベーション

これは、鎌倉発のプロジェクト。日本全国の空き家や遊休不動産を活用したい人とマッチングするサービス。単なるマッチングではなく、プロジェクトリーダー、専門家、資金協力、一般人のDIYサポートという関わり方が用意されている点が特徴。ヒトモノカネが一挙に集まる仕組みはとても魅力的。

(https://hello-renovation.jp/intro2/)

 

〇MAD City

千葉県松戸市発のプロジェクト。主な内容は、①DIY可能な部屋の賃貸②暮らしのサポート9コ③共有ルームの施設運営④イベント&コワーキングスペース運営⑤コラム記事作成⑥ビジネスサポート⑦メールマガジンである。暮らしのサポートは、街のコンシェルジュDIYサポート、共有ルームの提供、入居者限定の交流会、MAD Cityの各種イベント割引、入居者の活動発信、地域コミュニティ(お祭りなど)の紹介、DIYにより家賃上昇した場合の3ヶ月分キャッシュバック、不動産屋(omusubi不動産)の物件紹介等専門サポート、と言った内容だ。つまり、色々と活動しているクリエイティブ層が、賃貸物件に住んで、暮らしていくサポートを沢山しているという感じ。

(https://madcity.jp/concept/#main)

 

〇空き家レンジャー

逗子発のプロジェクト。みんなでワイワイDIYをしているのだが、その手法が変わっている。それぞれの特技を肩書きに色で名前を呼び合い、役割分担をして、空き家改修を行っている。シェアハウスの改修では、募集をせずとも住人が集まるというコミュニティの力が魅力だ。

(https://reallocal.jp/31470)

 

現在820万戸の空き家がある中で、各地に空き家活用のコミュニティやプラットフォームが誕生しつつある。それぞれが土地や集まる人の特色を生かして、ユニークな活動に発展している。やはり、このようなプラットフォームの力があってこそ、空き家問題というスケールの大きな問題にアプローチ出来るのだろう。これからも各地の動きを見守りたい。

 

東京都日野市でも、大きな仕組みの中で、特技を活かし合いながら、空き家再生に取り組む動きがこれから出てくるかもしれないと感じている今日この頃。こちらは、サルスベリの花が綺麗に咲いているうちの古民家。

f:id:ina-tabi:20170806164936j:image

空き家のゴキブリ対策について。

木造の空き家のゴキブリ対策は虫だけにムシできない。

夏になってよく出ると思うのでシェア。

こちらおすすめ。

 

安いやつだと、ホイホイも団子も効かない。ちょっと高めのこのふたつが効く。

f:id:ina-tabi:20170806170107j:image

f:id:ina-tabi:20170806170118j:image

3つくらいちょこちょこと置いてもダメだった。それぞれ、ホイホイ10個、団子10個を5m四方に散らばらせて初めて、ほぼ退治できた。

 

あとは、洗剤かけるとすぐ効く。

カタツムリが塩に弱い的な感じで。

→このやり方正しいのか?

 

やる時は一気にやる。なんでもそういう意識が必要だなと感じた。

 

 

【空き家調査⑤】空き家活用の固定概念を壊す

しりとりをしてみた。

リンゴ、ゴリラ、、、。

連想ゲーム。

リンゴのアイデンティティは食べ物であることとかじれること。

ゴリラのアイデンティティは、体育会系の肉体。

リンゴとゴリラを古民家宿と掛け合わせてると、そのこころは、

「たくさん食べる家」

うどん100杯食べると、宿泊費無料とかね。そうやって、地域の食をたくさんほお張る機会をつくるとかね。

 

じゃあ、3つかけあわせてみるか。

リス、スリ、リッチ、、、。

連想ゲーム。

リスのアイデンティティは、小動物であること。

スリのアイデンティティは、所有物の開放。

リッチのアイデンティティは、富裕。

リスと、スリと、リッチを古民家宿と掛け合わせると、そのこころは、

「ペットOKで、ペットのための広いお庭とか設備めちゃくちゃ整っている宿」

 

なるほど。

こうやって少しずつ古民家活用の固定概念壊れていくんだ。

 

既存のビジネスモデルをいくら研究しても、同じようなモデルばかり。頭やわらかく、空き古民家活用に取り組みたい。今までのモデルはおもしろくないので、新しいものを創ろう!と意気込んでみた。

 

今日は事務所にこもって企画書づくり。

空き家調査物件の整理。

さて、どんなプロジェクトが加賀市では出来るのだろうか。

考えているとワクワクする。

 

こちら、昨日食べた和風オムライス。

オムライスが和風になったらこうなるのか、なるほどとうなづく。

f:id:ina-tabi:20170725214449j:image

 

 

【空き家調査④】古民家でおもろいことできそうin石川県

今日も色々空き家を回ったが、古民家の一棟貸しの宿について、日本全国の事例を集めてみることにした。

 

①百笑の郷
・1泊25000円(5名以下の場合。5名より多い場合は、1人あたり5000円アップ)
・1~8名の利用が可能
(http://hyaku-warai.jp/info/)
夕食3500円、朝食1500円で、土地のものが味わえる。カフェと、そば屋とともに、ゾーンとなっている。

 

山梨県笛吹市古民家LOOF

・1泊 6500円/人+施設使用料20000円

・1~10名の利用が可能。

(http://loof-ashigawa.com)

特徴は、人数が増えれば、負担が楽になる高単価宿。アクティビティも充実していて、旅をコーディネートしてくれるコンシェルジュサービスもある。地域密着ならではのサービス。

 

③美山FTON&Breakfast

・1泊約7000円~

・1~10名の利用が可能。

(http://www.miyamafandb.com)

特徴は、暮らすように泊まるをコンセプトとして、トレッキングやアロマセラピー等のプログラムが充実している点。3棟を改修して、茅葺き古民家宿として、提供している。有料の飲み物や、無料のトランプ、天体望遠鏡囲碁、将棋、絵本などなど、遊べるものがたくさん。

 

④静岡一棟貸しの宿「日本色」

・1泊素泊まり約12000円~

・1泊食事付き約20000円~

・1~6名の利用が可能

(http://nihoniro.jp)

3つ部屋がある。1つ目が癒し、2つ目が遊び、3つ目がペットと戯れるというのをコンセプトとしていて、面白い。海まで徒歩1分というのも魅力。

 

倉敷一棟貸し古民家宿「Barbizon」

・1泊32400円(1名)

・1泊72000円(9名)

・1~9名の利用が可能

(https://www.barbizon.jp)

11:00~15:00は1時間2500円でスペース貸出をしているという特徴がある。

 

⑥東京品川一棟貸し古民家「Bamba」

・1泊22600円(2名)

・1泊31752円(5名)

・2~5名の利用が可能

(http://47gawa.tokyo/bamba/)

まず、東京都心で古民家の一棟貸しはかなり珍しい。近所の飲食店から種類豊富な出前が届くサービスは面白い。

 

⑦百笑の郷

・1泊25000円(5名以下の場合。5名より多い場合は、1人あたり5000円アップ)

・1~8名の利用が可能

(http://hyaku-warai.jp/info/)

夕食3500円、朝食1500円で、土地のものが味わえる。カフェと、そば屋とともに、ゾーンとなっている。

 

⑧篪庵

・素泊まり15000円~

(http://www.chiiori.org)

アレックスカーさんの古民家改修のストーリー性や、美しさへの追求が古民家の良さを引き出している。

 

ほんとにたくさんの古民家活用事例があるもんだ。もっと色々調べてみよう。

 

こちらは、今日巡った今立の古民家。

DIYした感じの扉が面白かったので、載せておく。

 f:id:ina-tabi:20170724223425j:image

 

 

【空き家調査③】古民家で面白いことできそう!in石川県

石川県加賀市での空き家巡りも3日目。

雨の中、ディープな空き家旅だった。

 

今立。

じゅうでんけんのまち。

本当に家がきれい。

f:id:ina-tabi:20170723221057j:image

車窓から眺める空き民家。

景色に統一感がある。

f:id:ina-tabi:20170723221113j:image

とある空き民家にお邪魔すると、漆塗り。神経を細やかに、塗っている。

f:id:ina-tabi:20170723221135j:image

こんなにきれいな空き家は見たことない。

f:id:ina-tabi:20170723221156j:image

2階は手作りの雑貨が保管されている。

f:id:ina-tabi:20170723221234j:image

すごい。

f:id:ina-tabi:20170723221259j:image

雨だと、ひとまずお昼はこの空き家に近所の人があつまるらしい。ワイワイ。

f:id:ina-tabi:20170723221441j:image

カレーライスなど、たらふくご馳走になる。うまい。

f:id:ina-tabi:20170723232231j:image

f:id:ina-tabi:20170723231319j:image

空き家って、いつの間にか人が集う場になってたらいいなと感じる。あとは、そこを使ってくれる人が出た時に、今のコミュニティはどうなるの?っていうところ。若者がくるには、そこに仕事が生まれることが必要で、そういうお金の話が出来るかとかも大事。そんな中でもこういうあったかいコミュニティは維持されてほしい。

 

まんぷくからの加賀パーティー。

f:id:ina-tabi:20170723231338j:image

ひとくちメキシコ寿司もらう!

うまい。

高校生、たくさん来ていて楽しそう。

f:id:ina-tabi:20170723231358j:image

 

山中の古民家ってほんとにかっこいい。

こんなぜいたくな空き家もゴロゴロある。

f:id:ina-tabi:20170723231435j:image

f:id:ina-tabi:20170723231455j:image

f:id:ina-tabi:20170723231513j:image

地元の手作りの団子屋。こういうディープなところの方が土産になる。

f:id:ina-tabi:20170723231543j:image

 

動橋。診療所がまるまる空いとる。

防音ありで、騒いでもおっけー。

田んぼの中にクラブとかあったらどうなんだろ。

f:id:ina-tabi:20170723231623j:image

 

空き家情報の資料づくり。

まとめてはじめて、あ、こういう視点で空き家見るのか、みたいなのがわかる。

点の活用、面での活用、用途はどんな可能性あるの?という感じに。

f:id:ina-tabi:20170723231641j:image

 

絵柄饅頭。

久しぶりに面白いもの食べた。

よもぎもちのアンコ入りのに、もち米引っつけるやつ。

すごく食べごたえあって美味しい。

夜のデザートだ。

f:id:ina-tabi:20170723231700j:image

 

今日は、比較的立派で、かっこいい空き家が多かった。明日は、どんな空き家に出会うのだろうか。