稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

【徒歩の旅】6日目・長野県岡谷市~長野県松本市波田(34km)

東京から石川までの徒歩の旅は6日目。

古民家冒険家の稲村です。

今日はつらい1日だった。

 

実は、昨日のブログ更新後に岡谷市に移動した、眠い。4:30頃。朝焼けを見ようとしたが、曇り。曇りでもけっこうキレイな景色だ。

f:id:ina-tabi:20170609124545j:image

ここにテントを張っていた。

f:id:ina-tabi:20170609124708j:image

 

7:00頃。諏訪大社にお参り。

f:id:ina-tabi:20170609124754j:image

 

さあ、塩尻峠越え。

f:id:ina-tabi:20170609124832j:image

おじさんのくしゃみの声みたいに

鳴くイヌと遭遇。

f:id:ina-tabi:20170609124903j:image

 

ここから、予期せぬ事態発生。

足がピリピリして痛い。

100mごとに立ち止まり、休む。

1km歩くのに1時間かかった。

道路に座って休む。

f:id:ina-tabi:20170609125033j:image

おそらく足の疲労。

11:00頃。アイシングするために飲食店を探していたところ、地元の人がオススメしてくれたところに入る。

f:id:ina-tabi:20170609125120j:image

ガッツリ食べて、氷もらってアイシングも2時間やる。

f:id:ina-tabi:20170609125159j:image 

ソフトクリーム無料プレゼントは嬉しい。

f:id:ina-tabi:20170609182628j:image

ひとまず、休んだので、少しは回復。

少しずつ歩き始める。

 

そういえば、金曜日はソフトバンクユーザーは、セブンイレブンのアイスがタダなので、それも食べておく。

f:id:ina-tabi:20170609182714j:image

 

16:00頃。塩尻駅に到着。塩尻駅に来た時には、いつも行くところがある。

f:id:ina-tabi:20170609182654j:image

ほっとしてざわというお店。

f:id:ina-tabi:20170609182955j:image

おやきをたべるのだ。おやきを頼んだだけなのに、お茶と、お絞りと、フォークを出してくれるという徹底ぶり。

f:id:ina-tabi:20170609183128j:image

おいしい。

f:id:ina-tabi:20170609183146j:image

占いマシーンもある。お金かかるけど。

f:id:ina-tabi:20170609202845j:image

あとは、椅子とテーブル、小物や箸のデザインがシンプルでかっこいい。

f:id:ina-tabi:20170609202915j:image

2年前くらいに、このお店に行った時は、店員さんとおやきの話で盛り上がり、今度修行に行きますよ!などと言っていたが、僕のことを覚えてくれていただろうか。修行するほどの余裕がなくて、お店をあとにする。

 

穂高連邦が見えてくる。

あの山を明日越えるのか、とふと思う。

f:id:ina-tabi:20170609203408j:image

徐々に大きくなってくる。

今回の旅では、最難関ポイントになるだろう。でかい壁だ。

f:id:ina-tabi:20170609203330j:image

 

17:00頃。さて、今日の古民家だが、相変わらず足の調子もあって、ペースがつかめないので、アポを取らなかった。そのかわり、知り合いの紹介で、古民家の町並みがあると言うので、見てきた。

f:id:ina-tabi:20170609202948j:image

屋根の角度が緩やかで、とてつもなくでかいので、どう写真に撮っていいかよくわからん。

f:id:ina-tabi:20170609203012j:image

取っ手が面白い。

f:id:ina-tabi:20170609203042j:image

近所のお寺にいた、近所の方にお話を伺う。ここら辺の古民家の町並みは、観光用ではなく、住居として使われ、文化財の保護を目的とするが、それを観光的に使うことはしない。完全にコンサーバティブ系古民家だ。

f:id:ina-tabi:20170609203104j:image

 

再び歩く。

景色がキレイすぎる。

f:id:ina-tabi:20170609203200j:image

涙が出てきそうな綺麗さだ。

f:id:ina-tabi:20170609203226j:image

自分の中で、心と体が対話を続けている感覚。これ以上行ったら足がやばいけど、山の景色を追ってみたい。疲れは気の持ちようだ。でも、疲れの蓄積がどこで出てくるかわからない・・・。などなど。

f:id:ina-tabi:20170609203254j:image

 

21:00まで歩いて、やっと山梨県松本市波田という北アルプスの麓まで来た。 スーパーで簡単な晩ごはん。さて、明日はどんな旅になるのだろう。とにかく、明日は足だけは回復させて山越えしたいので、すぐに野宿場所を探して寝たい。

 

<今日の古民家>

郷原街道

http://www.tokimeguri.jp/kawaraban/zokuzokuhen.pdf