読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

不便を逆手に!?

僕が住んでいる築150年の古民家「ヒラヤマちべっと」の周りには、なにもない。

f:id:ina-tabi:20170504221924j:image

スーパーも、コンビニも、駅も、、ない。故に、この地域(平山)の人はこの土地を「チベットのようだ」という。それが、ヒラヤマちべっとの由来だ。ヒマラヤではなく、ヒラヤマだ。

 

みんな長沼駅から歩くのを辛い!という。どうにか、歩くを楽しめるように出来ないものか、、。

 

ということで、こんなものを作ってみた。

f:id:ina-tabi:20170504222152j:image

長沼駅から、ヒラヤマちべっとまで歩いた人には、こんなご褒美がある。

 

①見事に節約ができる。タクシー乗ったら730円かかる所がなんとタダ!うまい棒が73本、5円チョコが146個も買えるではないか。

 

②55キロカロリー消費できる。人は平均20mを30歩で歩き、30歩で1キロカロリーを消費するという。であれば、長沼駅からヒラヤマちべっとまで1.1キロの道のりを歩けば、55キロカロリーを消費できる。往復で約100キロカロリー。10回通えば、1000カロリーだ。ヒラヤマちべっとに毎日通えば、太り気味のあなたもこれで見事にやせられる(^-^)

 

③歩くのは脳に良い。歩くとアイデアが浮かぶとかよく言う。かの有名な、ベートーヴェンヘルマン・ヘッセ、カントなども散歩することで、後世に残る作品を作り続けられたという。同時に、ドーパミンセロトニンといった幸福を感じる物質が、脳からドバーと出るようで、毎日ハッピーになれる。

 

あとは

不便な土地=自然たくさん

釣りできる

たぬきが出る

綺麗な鳥がいる

畑で野菜づくりできる

川に入れる

など、魅力はたくさん。

 

クリエイティブな企画やアイデアは、王道を走るだけでは生まれない。

視聴率20%の番組ではなく、視聴率8%の番組にこそ面白さのタネが隠されている。だからこそ、少なくとも今は不便な土地にこだわって、工夫してこれからも面白い企画を考えていきたい。

 

みなさん、ヒラヤマちべっとに歩いて来てみませんか?

 

 

次回の一品一灯は5/7です。

面白い人がたくさんきます。

ぜひ、皆さんお越しください。

https://www.facebook.com/events/247715862301722/?ti=icl