稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

安く油を手に入れたい。

ぼくにとって給湯器はナゾだった。

アホながら、ほっとけば、暖かいお湯でてくるもんだと思ってた。

しかし、今更ながら、うちはガスじゃなくて油を燃料とすることに気づく。

どっから油持って来るんだ?という疑問が頭の片隅にあった。

 

そして、ついに先日突然あったかいお湯が出なくなった!

蛇口をいくらひねってシャワー出しても、、、

f:id:ina-tabi:20170924145316j:image

1 10の表示が。。

しかも、空き家の給湯器はよく壊れるし、古い。

もしや、故障か?と思った。

しかし、ひとまずタンクを見ると、油が少ししかないようなので、油を入れて様子見てみようということになった。

 

ググったら、油を調達する方法は主に2つあると知った。

①ガソリンスタンドでボンベに入れてもらう

②給油配達に来てもらう

 

まず、①から。

近くのガソリンスタンドをチャリで回って回ってヒアリングしてみた。

 

1軒目、コスモ石油

1リットル89円、100リットル8900円

 

2軒目、エネオス

1リットル70円、100リットル7000円

お?コスモ石油と全然違うぞ。

セルフは安いらしい。

 

3軒目、エネオス

1リットル78円、100リットル7800円

お?お?同じエネオスでも違うぞ。

どうやら販売会社が違うようだ。

f:id:ina-tabi:20170922182427j:image

 

①の場合、ホームセンターで油を入れる入れ物も買わなくてはいけない。

18リットルで、500円くらいか。

f:id:ina-tabi:20170924143714j:image

 

 

次に、②の場合。

うちは東京都日野市だが、ここしか灯油配達の会社が見つからなかったので、リンク貼っておく。

https://touyu-takuhai.net/area/

 

東京シェルパック。

ここが、輸送費込みで、

1リットル約78円とのこと。

これは安い!

入れ物買って、セルフのガソリンスタンドに行って、何度も調達してくるよりもよっぽど安いし、手間もかからない。

しかも、うちのボンベは230リットルとかなり大量の油を入れらことができるらしい。

もう、これに決めた!

 

でっかい車が来た。

f:id:ina-tabi:20170924144901j:image

優しいおっちゃんに作業してもらった。

f:id:ina-tabi:20170924144927j:image

ホースをボンベにつなぐ。

f:id:ina-tabi:20170924144945j:image

 

そして、つ、ついに、、、

お湯がでました!!!

感激したので、とりあえず200リットル満タンにしてもらった。

17000円くらいで済んだ。

これで、寒い冬も越せそうだ。