稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

古民家訪問・東京都国立市の古民家「やぼろじ」

6/23に行った古民家「やぼろじ」について。

東京都国立市谷保駅から徒歩5分の古民家だ。

 

ここは元は馬のお医者さんをしていたらしい。

f:id:ina-tabi:20170624173723j:image

 造りが古くていいかんじ。

f:id:ina-tabi:20170624174009j:image

きりの格天井。

f:id:ina-tabi:20170624174322j:image

土で固めた釜と、

冬は熱で温まったくぼみに座れる。

気持ちよさげ。

f:id:ina-tabi:20170624174434j:image

トイレは貯めて堆肥にする。

野性的かつ合理的。

f:id:ina-tabi:20170624174523j:image

 

さて、作業のお手伝い開始。

屋根裏に登って断熱材を敷き詰める。

断熱材を敷き詰めると下の部屋は涼しくなる。

f:id:ina-tabi:20170624174618j:image

天井が抜けないように柱に足をかけながら移動。とてつもなく暑くなっている屋根裏。

f:id:ina-tabi:20170624174708j:image

ススがついて、真っ黒に。まじっくはんど。

f:id:ina-tabi:20170624174914j:image

 

お昼ごはん。

f:id:ina-tabi:20170624174756j:image

うまそう。

f:id:ina-tabi:20170624174852j:image

無理にうまく撮ろうとするとヘタクソになる。

f:id:ina-tabi:20170626153420j:image

 

午後は、屋根の散水取り付け作業。

f:id:ina-tabi:20170624175100j:image

屋根に登ると瓦がとてもキレイ。ピカピカ。

f:id:ina-tabi:20170624175220j:image

下を見るとこんなかんじ。

f:id:ina-tabi:20170624175242j:image

屋根のてっぺんに、ボンドとガムテで輪っかをくっつける。

f:id:ina-tabi:20170626152253j:image

そこに、ホースを取り付けていく。

f:id:ina-tabi:20170626153651j:image

これで、完了!

あとは、水を出せば、屋根が濡れて、結果中の部屋も涼しくなる。

 

やっぱり環境を整備するってのは大事だなと、あらためて気づきましたとさ。

 

<今日の古民家>

・やぼろじ(東京都国立市

http://www.yabology.com

 

この時のワークショップの様子が、TABI LABOに掲載されています。

http://tabi-labo.com/282323/yabology-workshop

こちらも合わせてご覧ください。