稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

【徒歩の旅】8日目・長野県松本市安曇~岐阜県高山市奥飛騨温泉(34km)

 

東京から石川までの徒歩の旅は8日目。

古民家冒険家の稲村です。

 

今日も、自然と出会いに恵まれた本当に充実した1日で、足も快調だった。

f:id:ina-tabi:20170611182755j:image

 

 

こちらが昨晩テントを張らせてくれて、自販機のコンセントを抜いてまでも充電させてくれた、ドライブインひぐち。

f:id:ina-tabi:20170611171056j:image

 

4:30頃。山越えに向けて出発。

f:id:ina-tabi:20170611171129j:image

自然が綺麗すぎる。

f:id:ina-tabi:20170611171329j:image

卜伝の湯。上高地まで行く時間が無いので、高山方面に行く。

ものすごく急な上り坂が続く。

f:id:ina-tabi:20170611173745j:image

 

途中、日本百名山の絶景が見える。

晴れて本当によかった。

まずは、穂高岳

f:id:ina-tabi:20170611172743j:image

焼岳。

f:id:ina-tabi:20170611174239j:image

乗鞍岳

f:id:ina-tabi:20170611174916j:image

途中ライダー達と、旅の進捗について話をする。

 

岐阜県に突入!

f:id:ina-tabi:20170611175004j:image

昨日越えられなかった安房峠をようやく越える。

f:id:ina-tabi:20170611175024j:image

くだりはらくちん。

 

11:00頃。平湯温泉の集落が見えてくる。

f:id:ina-tabi:20170611175240j:image

足湯がそこら辺にたくさんある。

f:id:ina-tabi:20170611175046j:image

気持ちいい。

f:id:ina-tabi:20170611175107j:image

古民家発見!平湯民俗資料館らしい。

f:id:ina-tabi:20170611175130j:image

昔のままの家と、家具、農具などが全部残っている。まさに、コンサバティブ系古民家。

f:id:ina-tabi:20170611175149j:image

街の商店街の前に、温泉卵。

1個50円なので、食べてみる。

f:id:ina-tabi:20170611175222j:image

うまい!

f:id:ina-tabi:20170611175300j:image

バスターミナル。だいたいこういう所には、試食コーナーや、安い食堂がある。

f:id:ina-tabi:20170611175324j:image

朴葉寿司を食べる。具沢山なのが本当に助かるしおいしい。

f:id:ina-tabi:20170611175349j:imagef:id:ina-tabi:20170611175405j:image

平湯温泉をあとにする。

 

16:00頃。奥飛騨温泉に到着。

集落に入るとすぐに、

ひときわ目に付く看板が。

「ゴリラ」

これは、なにかネタが見つかるに違いない。

f:id:ina-tabi:20170611175441j:image

一見普通のお店。

店員さんに、

「なんでこのお店の名前はゴリラなんですか?」

と何気なく聞くと、昔は有名なチェーン店だったらしいけど、名前の由来は分からないとのこと。

f:id:ina-tabi:20170611175552j:image

ある変わったものが。

「マツボックリ」

値段は無料。

f:id:ina-tabi:20170611175607j:image

「これ、何に使うんですか?」

と再び店員さんに聞くと、こうやっておくんだよ、と教えてくれた。ほうほう。

f:id:ina-tabi:20170611175623j:image

再び、ある変わったものが。

「パチンコガイドブック」

値段は無料。

f:id:ina-tabi:20170611175643j:image

奥飛騨温泉=ゴリラのイメージで、印象強すぎて温泉の写真撮るのを忘れた。

 

奥飛騨温泉のハズレに、栃尾荘という宿がある。一見普通の宿だが、、。

f:id:ina-tabi:20170611175706j:image

裏の方に、木に隠れた古民家が出現。

これも栃尾荘。

この古民家ではなんと熱帯植物が育てられている。

f:id:ina-tabi:20170611175727j:image

温泉の熱を使って、室内を温めて宿を運営したり、熱帯植物を育てたりしているのだ。休日はあいにく中まで見学できなかったが、外から見てみる。

ビニールハウスがお庭にある。

これぞまさに、クリエイティブ系古民家。

f:id:ina-tabi:20170611175749j:image

ここら辺は、他にも温室栽培が盛んで、いろんな施設がある。

f:id:ina-tabi:20170611175806j:image

 

さて、日も暮れかかった。

次の集落まで、なんと5時間もかかるみたいなので、今日は早いが、奥飛騨温泉近くの道の駅上宝で一晩越すことにした。

 

道の駅の敷地内に、いちすけというお店がある。

f:id:ina-tabi:20170611183455j:image

17:00営業終了なのに、16:59に行っても暖かく迎え入れてくれた。

奥飛騨ラーメンを食べる。

f:id:ina-tabi:20170611175829j:image

旅の話をすると、なんと、ご飯や漬け物、山菜などもタダで食べさせてくれた。本当にありがたい。。

f:id:ina-tabi:20170611175850j:image

今日は、携帯の充電も少ないし、早く寝ることにする。さて、明日はどのような旅になるのだろうか。

  

<本日の古民家>

・平湯民俗館・平湯の湯

http://www.kankou-gifu.jp/spot/3165/

栃尾

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1504/20/news021.html

 

<本日の大まかなルート>

https://goo.gl/maps/SxQpcmeAEr12