稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

【徒歩の旅】出発まであと1日〜道中の過ごし方〜

今回の「古民家冒険project」の徒歩の旅の出発まで、いよいよあと1日となった。

この旅は、東京都日野市から、石川県加賀市までの合計438kmを約2週間かけて歩き、道中の古民家活用されている事例を調査&発信して歩く旅だ。

今回は道中どのように過ごすのかについて、お話をしていく。

 

まずは、このようなルールを設ける。

①1日1軒古民家活用事例を取材

あらかじめアポを取るところと取らないところがある。あまりに山奥すぎて情報がないところは、地元の人に聞く。古民家をレストラン、カフェ、宿などにして、面白く活用している事例を取材する。得られた情報は、ブログで発信して、それをSNSでシェアする。

世の中に古民家を取材して歩く人などいくらでもいるので、独自の視点が必要だ。そこで、自分は人柄という視点に着目する。古民家を活用している人はどんな人で、その人の性格によって活用の特色がどのように出てきているのかを分析して、最終的には、

「この古民家を人に例えると、草食系男子だな。」とか、

「この古民家を人に例えると、キャピキャピ系女子だな。」というふうに分類したい。

例えば、現在管理している東京都日野市の古民家であれば、「ハイスペック&オールマイティー系女子。」だ。何故ならば、たたずまいは非常にスマートで、誰でも何でもウェルカムなスタンスで、成長を続ける古民家活用事例と言えるからだ。

 

②衣食住

衣に関して。川や水道で洗濯して、乾かしながら歩くという感じになるのだろうか、、?宿にとまれたら、洗濯の交渉をしてみたい。

食に関して。パン屋でミミをもらうとか、スーパーの試食は定番だが、今回は農家のおじいちゃんおばあちゃんに話しかけて、余りの野菜をもらいたい。飲み物は、湧き水か、サービスエリアのお茶か、カフェでもらうとか。

住に関して。宿は基本的には、旅をしながらも、勉強をして歩いているということを前面に出して、自分のビジョンを語り、古民家に宿交渉する。それでダメだったら野宿。

 

②1日に使うお金は原則500円

2週間も旅をするので、1日あたりのお金をかけたくないのと、自分でお金を使うとその分人を頼らなくなる。コミュニケーションをして、人を頼ることを考えると、お金は500円上限が望ましい。

 

これらのことを実行しながらも、毎日を有意義に過ごしていきたい。

 

門出に向けて、門の準備も整いつつあり、明日が楽しみだ。

f:id:ina-tabi:20170603110709j:image

 

<出発式 6/4 午後@東京都日野市>
https://www.facebook.com/events/1349818138404551/?ti=icl

 

<ワークショップ 6/18 午後@東京都加賀市 >
https://www.facebook.com/events/1212091755566515/?ti=icl