稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

企画とは?

企画とは、人を喜ばせるということだ。

ターゲットの人に対して、どうしたら喜んでくれるかをとにかく考える。

 

ヒントは「もったいない」を探すことだと本で読んだ。

5感でキャッチできた情報を何気なく受け取るのではなく、しっかりと認識して、ドラえもんの4次元ポケットのように自分の中にタネとして持っておく。そのタネを使う時は、無意識的にやってくるから、その時のためにとっておく。

 

人が喜ぶ時とは、どのような時だろう。予想外なポジティブな展開や、そこに至るまでのギャップによるものなのではないか。これをサプライズという。

例えば、この前仕掛けたサプライズは、宿泊してくれた方が、朝食が出ないだろうと考えていたのか、朝食を少し買い込んでいた。まあ、これじゃお腹が空くだろうからと、お客さんが目を覚ます前に、とびっきり美味しそうな朝食を作って机においておいた。そして、お客さんは目を覚まして台所に来たところ、なんと目の前に美味しそうな朝食が。おお!っと喜んでくれた。

 

予想外なポジティブを作るための発想法としては、これらのことが考えられる。

 

まず、忘れ物。これは、見ての通りもったいない。傘とか携帯とか上着とか、人を招くと、たくさんの忘れ物が溜まってくる。これを半年後くらいに、予想だにしないシチュエーションで、忘れた本人に返すということをやってみたい。

 

次に、有名人。ヒラヤマちべっとは極めて、へんぴなところにある。へんぴな所に、なぜあの人が!?という人を連れてきて、その地域をほめちぎってもらうとか、ファンの人に会わせるとか。人関連で言うと、ターゲットとする人の家族や元恋人を突然登場させるとか、仲を取り持つとか、そういう人を登場させるサプライズも面白いし、感動を創り出せる。

 

あとは、視点の切り替え。感情移入とテコ入れ。東京タワーの上からみる道端の自動販売機と、道端からみる道端の自動販売機、まったく視点が違う。石を客観的に見るのと、主観的に感情移入していくのもまったく視点が違う。有名人のファンの気持ちになるのと本人の気持ちになるのも全く違う。自分だったらこう思うだろうな、と日々考える。そこにもったいないの気持ちとアイデアの種を見つけられる。

 

企画の作り方は色々あるにせよ、とても企画とは汎用性があり、面白くて、ワクワクするものだ。

f:id:ina-tabi:20170518103057j:image