稲村行真の旅してみんか。

個性的な旅をしております。

壁作りワークショップ&飲み会

6/28の近況報告。

知り合いの東京都日野市のシェアハウスが完成間近ということで、壁作りのお手伝いに行った。

 

木材がズラリ。

ホームセンターってトラック貸してくれるからよい。

f:id:ina-tabi:20170630200143j:image

床が傷付いたり、汚れたりしないように、ビニールを貼る。

f:id:ina-tabi:20170630200203j:image

これは、何でしょう。

f:id:ina-tabi:20170630200233j:image

チョークの粉で、壁に線が引ける。

目印だ。

f:id:ina-tabi:20170630200319j:image

壁にピタリとハマるように、㌢測ってノコギリでゴシゴシと切る。

f:id:ina-tabi:20170630202140j:image

四隅に木材が必要だから、上と下だけ木材切ってビス打って、側面合わせて切ってビス打って、四隅が完成。

f:id:ina-tabi:20170630202212j:image

f:id:ina-tabi:20170630202254j:image

間に縦2本横1本の支えを入れる。

一番右の縦棒は、継いで1本にした。

f:id:ina-tabi:20170630202355j:image

あとは、上から両サイドから壁の石膏ボード貼り付けるだけ。

それしてもカッターでちょっと切ればバキッと割れるとは。。

とても簡単に割れるもんだ。

f:id:ina-tabi:20170630203149j:image

ヤスリ買うのは勿体ないので、木材で擦って節約♪

f:id:ina-tabi:20170630203217j:image

さて、ここで、用事があったので、次に向かう。完成どんな感じになったのだろうか。気になるので、今度行ってみよう。

 

次は、石川県加賀市のプロジェクト飲み。インド料理をつまみながら、加賀のお酒をたっぷりと飲み、それぞれの進捗を共有。料理とお酒うまい。古民家冒険の報告も行った。

f:id:ina-tabi:20170630203239j:image

光る酒。

まぶしいすぎる。

f:id:ina-tabi:20170630203305j:image

 

いろいろとプロジェクトが少しずつ動き始めていていい感じ。

 

7/8(日)夕方からは、日野駅前で古民家冒険のトークショーを行う。ちょこちょこと、冒険関連のトークをする機会も増えてきた。ぜひぜひ、今後もいろいろなところで古民家冒険のお話ができたらと思うので、お誘い頂けたら嬉しい。

最近考えていることを書いてみた。

1.今のうちに。

今のうちに〇〇って人生楽しんでいることになるのだろうか。「社会人になるから、今のうちに遊んでおこう」などなど。なにかに常に縛られているかのように思える。今も楽しむけど、明日も楽しみたい。ずっと楽しんでいたい。そう考えることはよくある。

 

2.お金について。

お金大丈夫?とよく心配されるが、お金の稼ぎ方は就職する以外でもいくらでも方法はある。もっと先を見据えて、いまお金になっていないことが、後からお金になるってことを考えたい。先にお金のことを考えると、人生の目的がお金になる。10年後には、1/2の仕事が刷新され、1/2の仕事が人工知能に取って代わられる時代に、5/7を既存の組織で働くのではなく、7/7やりたいことに時間を投資する。それが、今やりたいこと。

 

3.独立について。

特別な人だけが、就職しないで生きていけるみたいな考え方はしない。人間みなフラットで、必ず好きなもの、得意なこと、今まで経験してきたことがあってそれを追求すれば必ず仕事になるのに、それをやるかやらないかだけのこと。それは、年齢性別に関わらず始められる。赤ちゃんでも、100歳の老人でも出来るというのが僕の考え方。

 

4.大きな組織で働くことについて。

承認欲求高いんですというと驚かれる。では、なんで大企業目指さないの?と言われる。世間的に見たら、大きくて、有名な組織で、大きな仕事が出来たらすごいと評価されるところが少なからずある。でも、大企業に入ったからといって安定はないし、縦社会にはできる限り生きないのが僕の考え方。縦社会には、没個性や縛りの側面があるから、独自性や自由の価値観がものすごく強い人には居づらさがある。縦社会には、上の人を羨ましいとかすごいという風潮がうまれる。自分が低く見えて辛くなるときもある。ある一方的な視点から人が評価され、上と下が分けられる世界だと何となく生きづらい。

 

5.受け身について。 

受け身な人ってとやかく言われがち。意見はないの?と言われる。でも、受け身だからこそ、人が寄ってきて、人脈や、知識の総量と質を深める。僕がサイコロや、あみだくじみたいなものが好きなのは、受け身の状況を作り出すツールだからだ。どんな結果でも結果として受け入れなければならない。偶然こそが、新しい情報に出会うきっかけであり、思いもよらない発想につながる。狙わずにあえて無駄なように思えること、例えば寄り道とかを大事にする思考も同じこと。大きいくくりで言うと、そういう余白こそが、人を進化させてきたんだと思うし、これからも必要になってくる事だ。

 

写真は、白玉を玉ではなくぐしゃっとした形で、小麦粉を混ぜて作ってみた。白玉のアイデンティティである玉の部分を変えてみると、おいしいのか。こういう冒険心も余白の1つだと考えている。

f:id:ina-tabi:20170628180049j:image

 

 

古民家訪問・東京都国立市の古民家「やぼろじ」

6/23に行った古民家「やぼろじ」について。

東京都国立市谷保駅から徒歩5分の古民家だ。

 

ここは元は馬のお医者さんをしていたらしい。

f:id:ina-tabi:20170624173723j:image

 造りが古くていいかんじ。

f:id:ina-tabi:20170624174009j:image

きりの格天井。

f:id:ina-tabi:20170624174322j:image

土で固めた釜と、

冬は熱で温まったくぼみに座れる。

気持ちよさげ。

f:id:ina-tabi:20170624174434j:image

トイレは貯めて堆肥にする。

野性的かつ合理的。

f:id:ina-tabi:20170624174523j:image

 

さて、作業のお手伝い開始。

屋根裏に登って断熱材を敷き詰める。

断熱材を敷き詰めると下の部屋は涼しくなる。

f:id:ina-tabi:20170624174618j:image

天井が抜けないように柱に足をかけながら移動。とてつもなく暑くなっている屋根裏。

f:id:ina-tabi:20170624174708j:image

ススがついて、真っ黒に。まじっくはんど。

f:id:ina-tabi:20170624174914j:image

 

お昼ごはん。

f:id:ina-tabi:20170624174756j:image

うまそう。

f:id:ina-tabi:20170624174852j:image

無理にうまく撮ろうとするとヘタクソになる。

f:id:ina-tabi:20170626153420j:image

 

午後は、屋根の散水取り付け作業。

f:id:ina-tabi:20170624175100j:image

屋根に登ると瓦がとてもキレイ。ピカピカ。

f:id:ina-tabi:20170624175220j:image

下を見るとこんなかんじ。

f:id:ina-tabi:20170624175242j:image

屋根のてっぺんに、ボンドとガムテで輪っかをくっつける。

f:id:ina-tabi:20170626152253j:image

そこに、ホースを取り付けていく。

f:id:ina-tabi:20170626153651j:image

これで、完了!

あとは、水を出せば、屋根が濡れて、結果中の部屋も涼しくなる。

 

やっぱり環境を整備するってのは大事だなと、あらためて気づきましたとさ。

 

<今日の古民家>

・やぼろじ(東京都国立市

http://www.yabology.com

 

この時のワークショップの様子が、TABI LABOに掲載されています。

http://tabi-labo.com/282323/yabology-workshop

こちらも合わせてご覧ください。

 

古民家冒険Project序章まとめ

東京から石川までの徒歩の旅を終え、ヒッチハイクで東京都日野市の古民家に戻って来た、古民家冒険家の稲村です。

今回は、旅の学びについておかたく書きます。

 

自分のやりたいことは、シンプルに人を楽しませることだ。なぜなら、自分以上に日常生活が楽しくないと感じている人が圧倒的に多いと感じるからだ。ある人は、日常生活楽しいことより楽しくないことの方が多いと言った。やりたくないことばかりやっている人がたくさんいる。それは、なんだかもったいないなと。もったいないという視点から、企画は生まれる。企画はもったいないを解決するツール。であれば、企画によって、人生を楽しく生きられる人を増やしたいのが、自分のやりたいこと。

 

楽しく生きるには、環境が大事だと考えている。どんなところでどんな人と付き合うかが、大事だ。自分はカービィのようにいろんな人の性格を吸収するところがあるから、なおさらそれを感じる。だから、自分は場づくりを企画して、楽しく生きられる人を増やしたい。

 

企画とは、人を喜ばせること。何かと何かを組み合わせて面白いものを創るみたいな発想をするのが、企画。多分野に興味ある人が強い一方で、何かに根を張ってこそ良い企画ができるというもの。だから、自分は企画の第一歩として、空き家になった古民家に着目した。空き家は使えるのに使われずになっているのがもったいない。そんな物件が現状、どんどん増えている。しかも、自分はその中でも古民家の雰囲気に惹かれていて、伝統的で価値ある物件が荒廃しているのがなおさらもったいない。だから、空き家になった古民家で、企画によって、楽しい場づくりを行っている。

 

今回の旅の趣旨はこうだ。

f:id:ina-tabi:20170621184343j:image

①次のアクションをつくる。

石川県加賀市という、山海街に古い街並みが残り、たくさんの魅力的な方々がいる土地で空き家になった古民家を使った場づくりを企画したい。そのためにもたくさんの応援してくれる人が必要で、まず自分のことを知ってもらう必要があった。

 

②企画の質を上げる。

すでに、古民家を使って面白いことをやっているところを1日1軒以上、合計約30軒取材してまわった。なるべく今までメディアなどで取り上げられてこなかった物件を選び、自分が全く知らなかった活用方法に触れた。それは、徒歩の旅だからこそ偶然物件に出会えたというのもあるし、地域の不動産屋に電話するなど地域の人に接触することで物件を知ることができたということもあり、偶然の連続だった。自分は予定調和が好きじゃない。だからこそ、そうやって、新たな視点を得られる工夫をするようにしていた。

 

③楽しく生きている姿を伝える。

楽しく生きている人は少ない。だから、自分の好き(古民家)と得意(歩くこと)を生かして、自分らしく面白く楽しく生き、困難でさえもポジティブな意味合いがあり、楽しく生きられることを広めてみたかった。

 

この旅をやったことで、自分の成長にも繋がった。

①決断の感覚を磨いた。

自分は、準備がニガテだ。あまり、考えずに何かをはじめるところがある。しかし、今回の冒険は経験したことのない未知の領域だった。だから、足とか天候とか、危険だなと思ったら引き返すとかそこで止まるとか、そういう判断が必要になった。北アルプスをこえるとき、大雨で次の集落まで3時間かかり、あたりは真っ暗。そんな中で、20分引き返して、その日は進むのをやめたという選択は正解だった。人生は選択の連続で、選択こそが人生だから、そういう感覚は絶対に養った方がいい。

 

②得意を磨いた。

自分は歩く事が得意だ。もっといえば、身体能力的なところが半分、精神的なところが半分、それぞれがバランスよく機能している。それでも、やはり1週間目は距離的に未知の領域への挑戦だったので、辛かった。体と心が対話していて、ここで止まるべきか、いや、まだ行けるでしょうということの繰り返しだった。一日中ほとんど他人との対話ではなく、自分の中での対話が繰り広げられた。しかし、1週間を超えると、身体的にも精神的にも軽くなった。なんだか、歩くことが呼吸をするように当たり前になり、起きたら歩きはじめ、日が沈んだら寝るという感じだった。人間の本来の感覚を取り戻したかのような感じだった。この感覚が得られたのは収穫だ。

 

③頼ることを知った。

人は、何かをしてもらうことに対して、本当に申し訳ないという気持ちになりがちだ。とくに日本人はスミマセンが口癖だから尚更だ。ご飯を奢ってもらい、洗濯をしてもらい、シャワーを使わせてもらった時は、本当に申し訳なくてなにか自分もさせて欲しいという気持ちになった。同時に、一見物乞いのようで、情けなくもなった。しかし、基本的にはたくさんギブしてもらったら自分も後々余裕が出た時にギブすればいいし、そういう余裕が後々出来るためにも今回のギブがあったんだとわりきるようになった。お礼はきちんとして、その場で出来る最低限のことをやって、あとはありがとうございますでいいんだなと思えてきた。この感覚は、意外と受け入れるのが難しいから経験できてよかった。

 

次に夏頃に、加賀に行く時には、まず加賀の中で空き家になった古民家を調査する古民家冒険をやりたい。そして、後々の場づくりをする1棟の古民家をきちんと決めていきたいというのが今の予定。さて、次はどんな旅になるのだろうか。

 

また、新しい古民家冒険の依頼や、トークイベントの出演なども大歓迎なので、ぜひお誘いください。

 

古民家冒険帰路〜石川県加賀市から東京都日野市〜

6月20日お昼の12:00頃、石川県加賀市にて。

ただ単にバスで東京帰るとか面白くないので、ヒッチハイクで帰ることにした。

 

しかし、僕にはリミットがある。

明日の10:00までに東京に帰らなくてはいけない。

さて、果たして明日の10:00まで東京につけるのか?

f:id:ina-tabi:20170622081628j:image

 

まず、不動産関連の会社をされている知り合いの知り合いの方に、石川県加賀市大聖寺から、尼御前サービスエリアに送ってもらう。

ここで、ヒッチハイク開始!

なんと、偶然にも2日前に知り合いになった個人事業のコンサルされている方にバッタリ会う。富山県の氷見まで行くということで乗せてもらえることに。

f:id:ina-tabi:20170622083652j:image

途中、パンとおにぎりとバナナをもらう。とてもありがたい、、うまい。

 

13:00頃。富山県小矢部市小矢部川SAにたどり着き、ここで降ろしてもらう。

第2回目ヒッチハイク開始!

15分ほど声をかけまくった結果、ある1人のおじさんが快諾してくれる。おじさん仲間3人で、旅行していたそう。車がちょー高級車でビビる。(車詳しくないので名前わかりません(笑))

f:id:ina-tabi:20170622081535j:image 

f:id:ina-tabi:20170622083733j:image

途中、うどん奢ってもらう。うまい。

f:id:ina-tabi:20170622081927j:image 

f:id:ina-tabi:20170622081858j:image

 

16:00頃。新潟県柏崎市米山SAにたどり着き、ここで降ろしてもらう。出口からPまでハラハラしながら車道脇の道を歩く。

第3回目ヒッチハイク開始!

再び、15分ほど声をかけまくった結果誰も捕まらないな、、と思っていたら、女の人が車から降りてこちらにやってくる。うちの車乗ってきます?

おおありがたい。。その方は、長野で友人に会って旅行してきた帰りで、新潟の自宅に向かうという。主婦の方で、冒険の話を沢山したら喜んで聞いてくれた。

f:id:ina-tabi:20170622082004j:image

f:id:ina-tabi:20170622083858j:image

 

17:30頃。ちょうど良い場所がないからと、逆方向の関越道まで連れてきてくれて、新潟県小千谷市山谷SAで降ろしてもらう。ハンカチをプレゼントする。

第4回ヒッチハイク開始!

ここからが大変だった。1時間半声をかけまくるが、大体近所の人か、会社関連の車で乗せてくれない。日が暮れようとしている。。もうここで野宿か、と諦めかけた時、ひとりの青年が声をかけてくれる。

医療機器販売をしていて、地方に営業に出ていた方で、これから東京都青梅の自宅に帰るという!うちの古民家は東京都日野市なので、とても近い。ほんと嬉しい。

f:id:ina-tabi:20170622082031j:image

f:id:ina-tabi:20170622083920j:image

道中話していくうちに、この方は青年と言うよりは、40代の方だと判明。同い年くらいかと思ってたから驚愕。若すぎる。2時間くらいぶっ通しでお互いの仕事のことをしゃべる。

 

21:00頃。

ついに、ついに、東京についた!

東京都青梅市小作駅というところで降ろしてもらう。

青梅って梅っぽいし、梅でもあげるかということで、梅干しをたまたま持っていたので一部プレゼントする(笑)

f:id:ina-tabi:20170622083937j:image

 

電車で帰路につく。

イムリミットって意外となんとかなるものだ。

今回のヒッチハイク旅もちょーおもしろい旅だった。

 

さて次はどんな旅になるのだろうか。

 

古民家冒険追記①in 石川県加賀市&小松市

古民家冒険家の稲村です。

古民家冒険の後、石川県加賀市小松市に滞在。

行けなかった古民家などに訪問してみた。

f:id:ina-tabi:20170620062252j:image

 

午前、石川県加賀市黒崎海岸。

f:id:ina-tabi:20170619195151j:image

海の家「浜茶屋」建設のため、資材を運ぶレールづくり。

f:id:ina-tabi:20170620054909j:image

なんと、この崖に海の家を建てるという。

f:id:ina-tabi:20170620054942j:image

道具がたくさん。

f:id:ina-tabi:20170620055011j:image

積む。

f:id:ina-tabi:20170620055035j:image

7月15日オープンらしい。

出来上がりが楽しみだ。

 

午後は、内装が綺麗なパン屋に。

f:id:ina-tabi:20170620055211j:image

 

滝ヶ原カフェにも行く。

地区100年の古民家を家具屋がオシャレに改装。

f:id:ina-tabi:20170620055108j:image

f:id:ina-tabi:20170620055150j:image

スペインのアーティストが描いた絵。

でかい。

f:id:ina-tabi:20170620055232j:image

f:id:ina-tabi:20170620055250j:image

漢方ソーダという変わった飲み物があったのでもらう。クセがなくて飲みやすい。

f:id:ina-tabi:20170620055304j:image

f:id:ina-tabi:20170620055317j:image

そのほかに、シェアハウスである滝ヶ原ファーム・滝ヶ原ハウスなど、シンプルかつ村のような居住コミュニティもあり、変人が集まっている印象。スパッと異世界から移住して来た人とか、世界飛び回っている人とかいて面白い。

◯◯系古民家何にしよう。なんかネーミングセンスがない(笑)とよく言われる。企画屋はきちんと誰でも想起できるけどエッジの効いたネーミングが求められるが、ひとまず、クリエイティブ系古民家ということにしておく。。

昔ながらの農耕の暮らしに、彩りが加わっている感じの古民家だ。

 

夜は再び古民家冒険のゴール地点石川県加賀市の「FUZON」に。

「氷が溶ける過程を楽しむ」考え方とか、「本日の」と名前のつくメニューが多いところに変化を楽しむこだわりが感じられる。

また、工芸品の展示とともに、器へのこだわりもあって、お酒がより美味しく感じられる。

 

「変人が来たら出すお酒とかあるんですか?」とオーナーに聞いてみる。

 

ラトビアのお酒「バルサム」45度。

f:id:ina-tabi:20170620055449j:image

こんだけ飲んだのに強烈。

のどに刺激が。

f:id:ina-tabi:20170620055504j:image

 

アブサン」というゴッホがこよなく愛した薬草酒は、55度。

f:id:ina-tabi:20170620055519j:image

強烈だが、すごくうまい。

はちみつみたいな味。

水で割って砂糖入れてもうまいらしい。

f:id:ina-tabi:20170620055532j:image

 

お酒を飲んですぐ眠くなったので寝る。

明日も加賀市に滞在する。

どんな1日になるのだろうか。

 

 

<今日の古民家>

・Takigahara farm

http://takigaharafarm.com/

 

・FUZON GARARY AND BAR

https://www.facebook.com/FUZON-KAGA-Gallery-and-Bar-200903476637328/

 

【徒歩の旅】14日目(完歩式)&報告会・ゴールしました!!!

東京から石川までの徒歩の旅は14日目。古民家冒険家の稲村です。2週間438kmの旅を終え、一昨日(6/17)14:00に無事ゴールした。

f:id:ina-tabi:20170619071215j:image

 

今日は石川県小松市の平面公園にテントを張った。

昨日は、深夜1時まで歩き、ほぼ確実にゴールができる場所まで来れた。

平面公園。たしかにひらべったい。

f:id:ina-tabi:20170617173145j:image

7:00頃出発。

今日は晴れそうだ。

f:id:ina-tabi:20170617173236j:image

10:00頃。加賀市に入る。

f:id:ina-tabi:20170617173307j:image

大きな大仏が見えたら加賀市に来たんだなと思う。いよいよラストスパートだ。

f:id:ina-tabi:20170617173434j:image

ハラヘッタ。

f:id:ina-tabi:20170617173346j:image

 

途中、移住定住促進をしている大学の先輩、高峰さんに道端で偶然出会う。

近くの古民家風のレストランを案内してもらう。

f:id:ina-tabi:20170617173419j:image

f:id:ina-tabi:20170617173504j:image

麦とろ定食うまい。

f:id:ina-tabi:20170617173533j:image

f:id:ina-tabi:20170617173613j:image

f:id:ina-tabi:20170617173631j:image

 

ゴールに向けて、歩き出す。

徒歩の旅は、一週間を超えるときつくない。歩くことがなんとなく呼吸をしているようで、マグロが泳ぎ続けるように自然と足が動く。たまに、きつくなると、心と体が対話しだす。ここで休んだいた方がいいかな?いやまだいけるでしょ?みたいな会話が行われる。それ以外、基本はしょうもないことを考えている。

今日は昨日よりラクに歩けた。

歩きの精度が上がっている感覚がある。

f:id:ina-tabi:20170619055655j:image

ゴールの場所を間違える笑

古民家カフェFUZONは、加賀に2つあるのです。

さあ、フィニッシュ。

f:id:ina-tabi:20170617173815j:image

古民家ポーズ。

f:id:ina-tabi:20170617173845j:image

賞状まで手書きで作ってくださり、本当に感謝。。

f:id:ina-tabi:20170617173923j:image

f:id:ina-tabi:20170617174001j:image

集合写真をみなさんで。

本当にたくさんの方が集まってくださった。

地域の方々、PLUS KAGAのみなさん、北陸中日新聞北國新聞といったメディアの方々、本当にありがとうございました。

f:id:ina-tabi:20170619071215j:image

 

なんと、無料でマッサージをしてくださるという。地域の整骨院に。

中谷接骨院

http://jyuusei-ishikawa.jp/member-hp/5110/index.html

f:id:ina-tabi:20170617174055j:image

本当に気持ちいい。

体が軽くなった。

f:id:ina-tabi:20170617174111j:image

 マッサージをしてくださった中谷さん。

f:id:ina-tabi:20170617174127j:image

f:id:ina-tabi:20170617200244j:image

 

19:30頃。地域のライブに参加。

たくさんの方が話しかけてくれて、嬉しい。

f:id:ina-tabi:20170617215048j:image

 

22:30頃。明日からの打ち合わせを始める。さあ、面白いアイデアが続々と出てくる。明日の報告会や、今後のプロジェクトが本当に楽しみになってきた。

 

米米米米米米米米米米米米米米米米

 

ここから昨日(6/18)の報告会。

場所は、石川県加賀市大聖寺のタビト學舎で14:00〜。

f:id:ina-tabi:20170619062037j:image

しくじり先生風にガラッと扉を開けて、教室に入る。

プレゼンが始まる。

f:id:ina-tabi:20170619062108j:image

自己紹介。

f:id:ina-tabi:20170619062140j:image

プレゼンの流れ。

f:id:ina-tabi:20170619062336j:image

冒険エピソードを公開。

つらいエピソード。

出会いのエピソード。

古民家のエピソード。

3段階で印象的なものをご紹介。

f:id:ina-tabi:20170619062241j:image

みなさんに、古民家でやったら面白いこと、イナムラにやってほしいことを募集。東京まで歩いて帰ってほしいとか、日本全国徒歩やってほしいとか、無茶振りもありながらも、たくさんのアイデアが出された。嬉しい。

f:id:ina-tabi:20170619062359j:image

最後まで聞いていただいたみなさんで記念撮影。

f:id:ina-tabi:20170619062420j:image

ここからは、ポットラックパーティーで交流会を行う。地域の皆さん本当にたくさんのご馳走を持って来てくださり、ありがとうございます。。

 

今回、初めて1時間半のプレゼン&1時間のワーク主催した。みなさんが、時間を割いて来てくれたことが本当に嬉しい。

石川県加賀市の方々は、自分ができることを考えてたくさんギブしてくれたり、たくさん活動に興味を持ってくれたりする。

なんと、途中で加賀市長も顔を出してくださったり、ケーブルテレビの取材も入り、本当にありがたい。

 

これからも加賀市には、空き古民家の調査及びコンセプトづくりをして、まず1軒絞って活用の第一歩を踏み出したい。

改めて、今回の旅でお世話になった方々、サポートしてくださった方々、出発式、完歩式、報告会に参加してくれたみなさん、本当に本当にありがとうございました。これからも、みなさんの応援を励みに、活動を頑張り、地域にたくさん貢献できたら幸いです。

 

 

<今日の古民家(ゴール地点)>

・FUZON GARARY AND BAR

https://www.facebook.com/FUZON-KAGA-Gallery-and-Bar-200903476637328/

 

<今回の旅でお世話になったメディア>

NHKニュース「おはよう日本

2017年6月5日(月)7:45〜放送。

http://p.jcc.jp/news/12301646/

 

北國新聞 2017年6月6日朝刊

f:id:ina-tabi:20170619070524j:image

北國新聞 2017年6月18日朝刊

f:id:ina-tabi:20170619070652j:image

北陸中日新聞 2017年6月18日朝刊

f:id:ina-tabi:20170619070759j:image

・加賀ケーブルテレビ「かがまち情報」

2017年6月22日(木)19:00〜放送。